2017年7月18日(火) 発信

f:id:ryoko_shimbun:20170718162744j:plain

エイチ・アイ・エス(HIS)のグループ会社で、国内の体験型商品をWeb予約・販売を行うアクティビティジャパンはこのほど、2017年夏休み「沖縄・関東アクティビティ人気ランキング」を発表した。(写真画像はイメージ)

 

 沖縄の1位はシュノーケリングで、関東はラフティングが1位だった。沖縄では離島が人気。とくに夏の暑さを逃れるため、水辺のアクティビティが好評だ。

沖縄のアクティビティ予約者数ランキング

順位 アクティビティ名(昨年)
1位 シュノーケリング(1位)
2位 SUP(3位)
3位 カヌー・カヤック(2位)
4位 体験ダイビング(4位)
5位 パラセーリング(5位)

 沖縄は2000年からはリピーター率が初回訪問率を超えている。これまでの本島から日帰りの「通過型」でなく、離島で宿泊を伴う「滞在型」の旅行形態へ変わってきた。沖縄全体の予約数で約3割が離島だ。

 「宮古島」は平均滞在日数が3―4日間と比較的長い。2位のSUPや3位のカヌー・カヤックに加え、「ウミガメ」「秘境」といったテーマ性がある商品とのセットプランが好調だ。

関東のアクティビティ予約者数ランキング

順位 アクティビティ名(昨年)
1位 ラフティング(3位)
2位 SUP(2位)
3位 バンジージャンプ(1位)
4位 キャニオニング(5位)
5位 パラグライダー(4位)

 関東は短時間で体験可能なアクティビティが上位に。2位はSUPで3位はバンジージャンプ。群馬・みなかみ、埼玉・長瀞でのラフティングやキャニオニングが人を集め、ランキングを底上げした。短時間のプランに加えて、バーベキューや温泉施設への入場券などの特典付きが注目されている。 このほか静岡県・南伊豆にあるヒリゾ浜が話題となっている。「海外のような美しい海は、非日常体験を満喫してもらえるスポット」(同社)。

 今後は関東近郊の秘境ビーチとして、日帰りや1泊の短時間の体験プランが耳目を集めそうだ。 ランキングは同社の夏休み(7月15日(土)~9月30日(土)催行)の予約状況から決定した。

f:id:ryoko_shimbun:20170718165445j:plain

話題のヒリゾ浜(静岡県賀茂郡南伊豆町)